インターネツト博覧会・自由参加パビリオン


富士・岳南の土塊で青磁“天青不二”をつくる

 web美術館
■ 天青不二 展示室-1




home



天青不二 展示室-1
No.1〜No.6 


天青不二 展示室-2
No.7〜No.11


天青不二 展示室-3
No.12〜No.16


天青不二 展示室-4
No.12〜No.16


天青不二 展示室-5
No.22〜No.29 


天青不二 展示室-6
No.31〜No.35
updated.2001.10.8


天青不二 
展示室-7
No.36〜No.40
updated.2001.10.8


天青不二 展示室-8
No.41〜No.46
updated.2001.10.16


天青不二 展示室-9
No.47〜No.50
updated.2001.10.16

キャプシ「あおまさ」による色繪万華碗色繪万華とは

展示室-1
No.1〜No.11 

展示室-2
No.12〜No.20

展示室-3
No.21〜No.30

展示室-4
No.31〜No.40

展示室-5
No.41〜No.50
up.2001.9.25

展示室-6
No.51〜No.60
updated.2001.9.25

展示室-7
No.61〜No.70
updated.2001.10.16

展示室-8
No.71〜No.78
updated.2001.10.16

展示室-9
No.81〜No.90
updated.2002.2.5

展示室-10
No.91〜No.100
updated.2002.2.5

new 展示室-11
No.101〜No.110
updated.2002.6.8

new 展示室-12
No.111〜No.120
updated.2002.6.8

new 展示室-13
No.121〜No.130
updated.2002.6.8
ss

キャプシ色繪万華:小・大鉢ョン

小鉢の展示室-1
No.1〜No.7
updated.2001.10.16

大鉢の展示室-1
No.1〜No.8
updated.2001.10.16

天晴不二の展示室の青磁は富士・岳南の路傍の土塊「あおまさ」に含まれる鉄分を主体にした釉薬
を還元焼成してつくつた官窯系青磁です。詳細写真を掲載いたしましたのは官窯系青磁の場合
フォルムと仕上がりの目視できる釉薬の調子がその作品の「質」決める要素のような気がします。


内部から滲みでてくる力が表面に到達する、その表層の雰囲気が作品の「質」を決定するのです。
単純に数%の鉄の釉薬を還元焼成すれは誰でも青磁と言う焼き物にはなりますが、「質」を追求し
てそいで、そいで、そぎ落としの作業を果てしなく続けていく収れんの先はそれ程広い範囲の評価範囲
が存在するような気がしません。この粉青の雰囲気を得る為に幾多の歳月を費やしてきた様な気がします。



No.1:天晴不二
青磁鶴首
径10?/h=21?

拡大

詳細

青磁鶴首

No.2:天晴不二
青磁鶴首
径10?/h=24?

拡大

詳細

青磁鶴首

No.3:天晴不二
青磁鶴首
径10?/h=21.5?

拡大

詳細

青磁面取鶴首

No.4:天晴不二
青磁面取鶴首
径10.6?/h=25?

拡大

詳細

青磁面取鶴首

No.5:天晴不二
青磁面取鶴首
径10.8?/h=24.5?

拡大

詳細

No.6:天晴不二
青磁三島手線文口小壷
径23.2?/h=23?

拡大

詳細-1

詳細-2




(つちくれ)を高めて玉(ぎょく)
東海道四〇〇年祭承認事業 (338番)
青磁「天晴不二」の会
   代表者:漆畑登
いう故

静岡県富士市鈴川町11-18 〒417-0015 

tel.fax:0545-32-0835   E-mail